若い五人のヒーロー

出版元 07/19/2020
広告

誰かが助けを必要としているとき、その誰かを助けることができることは誇れることだ。しかし、それは簡単ではない。おとぎ話の中のヒーローがやってきて誰かを救ってくれることを私たちはただ望んでいる。十代の若者たちがどうやって誰かの一日を、いやその市自体を救ったのか、見てみよう。

ただの一日

ジェームス・ハイレマ、アルノー・ニメニャ、カーシン・ライト、そしてスターリン・リバスペレスは地下駐車場にあるスケートパークに集まった。遅くなりそうだったので、彼らはそろそろ家に帰ろうとしていた。

Just Another Day

ただの一日

異変

10代の女の子と二人の年上の男性が駐車場に向かって芝生を横切っていることに気づいたのはその時だった。その女の子の歩き方が無秩序的だったのが目についた。いったいどうしたのか。

Something Strange

異変

気づき

最初その女の子は二人の男の前を歩いていた。しかしその三人以外にも人がいることに気づいたとき事態は変わった。この時はまだ緊急事態には思えなかったが、次に起こったことは男の子たちに警戒心を抱かせるには十分だった。

Noticed

気づき

確認のために止まった

スケーターの男の子たちは地下駐車場を出ようとしていた。しかし、彼らが目撃したものによって立ち止まらざるを得なかった。彼らが二度見をするほどのものとはなんだったのだろう。

Stop To Check

確認のために止まった

彼女は叫んでいた

彼らの一人はその時を思い出し、“彼女は叫んでいた”と言う。カーシン・ライトもまた、“彼女はそこから逃げ出したがっていた”と証言している。彼らは疑惑を徐々に覚え、それは確信に変わっていく。

She Was Yelling

彼女は叫んでいた

彼らは危険を感じた

“その男はとてもいい服を着ていたよ… 女の子は汚かった。彼女は泣いていて鼻から血が出ていた”とライトがその時の状況を思い出して言う。彼らは注意深くその男たちに説明を求めた。

They Were Intimidated

彼らは危険を感じた

弁明

男の子たち4人に対して男たちは2人だけだったが、彼らはその男たちに脅されているように感じた。なにが起こるかなんていったい誰が分かっただろうか。大きいほうの男が彼女の父親だと弁明した。

His Explanation弁明/caption]

信じるしかなかった

それを聞いた男の子たちはその場を離れることにした。父親が酔ったか、何か法に触れることをしている娘を見つけたのだろう。彼らは女の子が助けを求めなかったためその場をあとにした。男が言っていることは真実なのだろう。

Had To Trust Them

信じるしかなかった

簡単な道

その時すでに遅い時間であったし、彼らはもう家に帰らないといけなかった。疑いを無視し彼らは荷造りを始めた。ただ忘れてその場を去りたかった。その男の言うことはもっともだとも思った。

Easier Route簡単な道/caption]

夜のカルガリー

しかしそこにいた男の子たち全員が何かがおかしいと思ったのは事実である。カルガリーは一般的に安全な場所であるが、彼らは世界中どこでも悪いことが起こりうることを知っていた。あの男は真実を言っていたのだろうか。

Nighttime In Calgary

夜のカルガリー

不安を感じる

だが彼女が酔っていたという説明を否定できなかった。彼女の父親が何かやるべきでないことをしていた彼女を見つけることができたのだろうか。男の子たちは駐車場で見たことに対していまだ不安に思った。

Feeling Uneasy

不安を感じる

不可解な行動

男の子たちは彼女の父親だと言い張る男がやけに堂々としていたことが気になった。事実、その男は傲慢ともいえる言い方をしていた。普通の態度ではないように感じられた。

[caption id="attachment_4490" align="aligncenter" width="1280"]Acting Suspicious 不可解な行動

ショッキングな行動

“彼女は疲れていて汚れていた”とカーシンは説明した。男の子たちは二人の男とその女の子の間になにか緊張感があったことを感じ取っていた。男の子たちはそのあとショッキングな光景を目にする。その男が女の子を肩に担いだのだ。

[caption id="attachment_18176" align="aligncenter" width="1200"]Shocking Behavior ショッキングな行動

追求しなければならなかった

それに加え、その女の子は男たちに対して抵抗していた。駐車場に戻らなければならないという直感を感じた男の子たちはすべて状況が大丈夫だといえるかもう一度確認しなければならないと思った。

They Had To Know

追求しなければならなかった

不吉なこと

その状況をよく考えるほど、男の子たちは何かがおかしいと疑いを深めた。あの男たちと女の子は知り合いなのだろうか。駐車場で何をするつもりなのだろう。

Something Sinister

不吉なこと

助けに走る

何か悪いことは起こっていることは心の中では知っていた。男の子たちは地下駐車場に全速力で走り戻っていった。彼らの直感が遅すぎないことを願いながら。

Running To Help

助けに走る

ここではなかった

他の男の子たちを説得したのはライトだった。“誰にも最悪なことは起こってほしくないだろう。悪いことが本当に起こってほしくないから、もし起こってもそれをなかったことにしているんだ”

Not There

ここではなかった

捜索の途中

男の子たちが地下駐車場の外についたときにはその男たちと女の子は見当たらなかった。何をすべきかはっきりわかった。ガレージの中に入ってその三人組を探すのだ。

On A Search

捜索の途中

暗闇

男の子たちはあの男たちがいったい何者なのか想像もできなかった。チノックセンターの地下駐車場に着いたとき彼らはカルガリーの闇を見ることになる。

Underbelly

暗闇

後戻りはできない

その時にはもう入り口の光は見えなかった。そのエリアは大変な危機に直面していた。そのモールは高級感があふれていたが、実は見えない闇がその裏にはあったのだ。

No Going Back Now

後戻りはできない

地下世界

アーサー・ドナー将校はカルガリーの南西での事件発生を調べていた。しかし何か有益な情報は見つからなかった。ギャングを相手にすることはまるで謎の猛獣を相手にしているようなものだと思い始めていた。

The Underworld

地下世界

救出へ

ドナー将校がなんとかギャングのメンバー二人をとらえたときには、また新しい二人が補充されるというようないたちごっこだった。当時彼は4人の男の子がハイドラを倒すことによってこのいたちごっこが終わるなんて想像もしていなかった。

To The Rescue

救出へ

警備なし

男の子たちは慎重にチノックセンターの暗い地下駐車場を進んでいった。その日駐車場に警備員はいなかった。それが、男の子たちが地下駐車場に向かった理由なのだ。

No Security

警備なし

秘密の場所

何かいけないことをするには地下駐車場はうってつけだろう。そのことは男の子たちも知っていたが、その男たちももちろん知っていた。運悪く、その男たちの使い方は無害ではない。

They Knew The Secret Spot

秘密の場所

何かを探して

防犯カメラの追跡は二人の男が駐車場を歩き回っていることを発見していた。何かを探していることは明らかだった。その間女の子は彼らと一緒にいた。

Looking For Something

何かを探して

誰かが助けを必要としているとき、その誰かを助けることができることは誇れることだ。しかし、それは簡単ではない。おとぎ話の中のヒーローがやってきて誰かを救ってくれることを私たちはただ望んでいる。十代の若者たちがどうやって誰かの一日を、いやその市自体を救ったのか、見てみよう。

ただの一日

ジェームス・ハイレマ、アルノー・ニメニャ、カーシン・ライト、そしてスターリン・リバスペレスは地下駐車場にあるスケートパークに集まった。遅くなりそうだったので、彼らはそろそろ家に帰ろうとしていた。

Just Another Day

ただの一日

異変

10代の女の子と二人の年上の男性が駐車場に向かって芝生を横切っていることに気づいたのはその時だった。その女の子の歩き方が無秩序的だったのが目についた。いったいどうしたのか。

Something Strange

異変

気づき

最初その女の子は二人の男の前を歩いていた。しかしその三人以外にも人がいることに気づいたとき事態は変わった。この時はまだ緊急事態には思えなかったが、次に起こったことは男の子たちに警戒心を抱かせるには十分だった。

Noticed

気づき

確認のために止まった

スケーターの男の子たちは地下駐車場を出ようとしていた。しかし、彼らが目撃したものによって立ち止まらざるを得なかった。彼らが二度見をするほどのものとはなんだったのだろう。

Stop To Check

確認のために止まった

彼女は叫んでいた

彼らの一人はその時を思い出し、“彼女は叫んでいた”と言う。カーシン・ライトもまた、“彼女はそこから逃げ出したがっていた”と証言している。彼らは疑惑を徐々に覚え、それは確信に変わっていく。

She Was Yelling

彼女は叫んでいた

彼らは危険を感じた

“その男はとてもいい服を着ていたよ… 女の子は汚かった。彼女は泣いていて鼻から血が出ていた”とライトがその時の状況を思い出して言う。彼らは注意深くその男たちに説明を求めた。

They Were Intimidated

彼らは危険を感じた

弁明

男の子たち4人に対して男たちは2人だけだったが、彼らはその男たちに脅されているように感じた。なにが起こるかなんていったい誰が分かっただろうか。大きいほうの男が彼女の父親だと弁明した。

His Explanation弁明/caption]

信じるしかなかった

それを聞いた男の子たちはその場を離れることにした。父親が酔ったか、何か法に触れることをしている娘を見つけたのだろう。彼らは女の子が助けを求めなかったためその場をあとにした。男が言っていることは真実なのだろう。

Had To Trust Them

信じるしかなかった

簡単な道

その時すでに遅い時間であったし、彼らはもう家に帰らないといけなかった。疑いを無視し彼らは荷造りを始めた。ただ忘れてその場を去りたかった。その男の言うことはもっともだとも思った。

Easier Route簡単な道/caption]

夜のカルガリー

しかしそこにいた男の子たち全員が何かがおかしいと思ったのは事実である。カルガリーは一般的に安全な場所であるが、彼らは世界中どこでも悪いことが起こりうることを知っていた。あの男は真実を言っていたのだろうか。

Nighttime In Calgary

夜のカルガリー

不安を感じる

だが彼女が酔っていたという説明を否定できなかった。彼女の父親が何かやるべきでないことをしていた彼女を見つけることができたのだろうか。男の子たちは駐車場で見たことに対していまだ不安に思った。

Feeling Uneasy

不安を感じる

不可解な行動

男の子たちは彼女の父親だと言い張る男がやけに堂々としていたことが気になった。事実、その男は傲慢ともいえる言い方をしていた。普通の態度ではないように感じられた。

[caption id="attachment_4490" align="aligncenter" width="1280"]Acting Suspicious 不可解な行動

ショッキングな行動

“彼女は疲れていて汚れていた”とカーシンは説明した。男の子たちは二人の男とその女の子の間になにか緊張感があったことを感じ取っていた。男の子たちはそのあとショッキングな光景を目にする。その男が女の子を肩に担いだのだ。

[caption id="attachment_18176" align="aligncenter" width="1200"]Shocking Behavior ショッキングな行動

追求しなければならなかった

それに加え、その女の子は男たちに対して抵抗していた。駐車場に戻らなければならないという直感を感じた男の子たちはすべて状況が大丈夫だといえるかもう一度確認しなければならないと思った。

They Had To Know

追求しなければならなかった

不吉なこと

その状況をよく考えるほど、男の子たちは何かがおかしいと疑いを深めた。あの男たちと女の子は知り合いなのだろうか。駐車場で何をするつもりなのだろう。

Something Sinister

不吉なこと

助けに走る

何か悪いことは起こっていることは心の中では知っていた。男の子たちは地下駐車場に全速力で走り戻っていった。彼らの直感が遅すぎないことを願いながら。

Running To Help

助けに走る

ここではなかった

他の男の子たちを説得したのはライトだった。“誰にも最悪なことは起こってほしくないだろう。悪いことが本当に起こってほしくないから、もし起こってもそれをなかったことにしているんだ”

Not There

ここではなかった

捜索の途中

男の子たちが地下駐車場の外についたときにはその男たちと女の子は見当たらなかった。何をすべきかはっきりわかった。ガレージの中に入ってその三人組を探すのだ。

On A Search

捜索の途中

暗闇

男の子たちはあの男たちがいったい何者なのか想像もできなかった。チノックセンターの地下駐車場に着いたとき彼らはカルガリーの闇を見ることになる。

Underbelly

暗闇

後戻りはできない

その時にはもう入り口の光は見えなかった。そのエリアは大変な危機に直面していた。そのモールは高級感があふれていたが、実は見えない闇がその裏にはあったのだ。

No Going Back Now

後戻りはできない

地下世界

アーサー・ドナー将校はカルガリーの南西での事件発生を調べていた。しかし何か有益な情報は見つからなかった。ギャングを相手にすることはまるで謎の猛獣を相手にしているようなものだと思い始めていた。

The Underworld

地下世界

救出へ

ドナー将校がなんとかギャングのメンバー二人をとらえたときには、また新しい二人が補充されるというようないたちごっこだった。当時彼は4人の男の子がハイドラを倒すことによってこのいたちごっこが終わるなんて想像もしていなかった。

To The Rescue

救出へ

警備なし

男の子たちは慎重にチノックセンターの暗い地下駐車場を進んでいった。その日駐車場に警備員はいなかった。それが、男の子たちが地下駐車場に向かった理由なのだ。

No Security

警備なし

秘密の場所

何かいけないことをするには地下駐車場はうってつけだろう。そのことは男の子たちも知っていたが、その男たちももちろん知っていた。運悪く、その男たちの使い方は無害ではない。

They Knew The Secret Spot

秘密の場所

何かを探して

防犯カメラの追跡は二人の男が駐車場を歩き回っていることを発見していた。何かを探していることは明らかだった。その間女の子は彼らと一緒にいた。

Looking For Something

何かを探して

広告