この世で一番高い犬たち

出版元 10/19/2020
広告

大昔から犬は人間の最良の友として共に暮らしてきました。それは人間、そして犬の生存にとって必要不可欠な関係だったのです。獲物を捕獲するのはオオカミの遺伝子にちかい犬のほうが人間より優れていて、人間はその代わりに火を使うことができました。このことから考古学者が言うには、人間と犬が生活を共にすることは理にかなっていたようです。

Here's The List Of The Most Expensive Dog Breeds Around The World

世界でもっとも高価な犬リスト

キャバニア・キング・チャールズ・スパニエル

キャバニア・キング・チャールズ・スパニエルはイギリス原産で平均千ドルほどでします。。中世時代にはその特徴的なフワフワの耳と人懐っこい性格で愛玩犬として人気でした。飼い主から愛情をもらっていると感じることが彼らには必要です。イングリッシュ・トイ・スパニエルとよく似たような歴史を持つことで間違えられますが、この二つの犬種は一世紀前に分岐した違う犬種です。キャバニア・キング・チャールズ・スパニエルはイングリッシュ・トイ・スパニエルに比べて小柄な体格をしています。

Cavalier King Charles Spaniel

キャバニア・キング・チャールズ・スパニエル

チェコスロバキアン・ウルフドッグ

チェコ共和国とスロバキア共和国が原産。この犬種は平均1500ドルほどします。シルバーグレーとイエローグレーの美しい毛並みを持つチェコスロバキアン・ウルフドッグの歴史は1955年にさかのぼります。オオカミと番犬のミックスであるこの犬種はCSSR品種協会による実験により作られ、一見オオカミに見えますが、人懐っこく社会性があり、エネルギー溢れる何事にも恐れない気質で知られています。珍しい犬種で正式に登録されているチェコスロバキアン・ウルフドッグはたったの340頭のみです。

Czechoslovakian Wolfdog

チェコスロバキアン・ウルフドッグ

セントバーナード

イタリアとスイスのアルプス出身のセントバーナードは平均1800ドルで取引されます。大人のセントバーナードになると身長88㎝、体重117㎏にもなる大きな体格で有名です。最初はイタリアとスイスの国境の豪雪地帯で遭難した人を救助するために育てられました。その当時のブリーダーであったメントンのバーナード修道士の名前を取り、セントバーナードは1600年代に最初の救助犬として活躍しました。

St. Bernard

セントバーナード

ベドリントン・テリア

イギリスの北東部原産。1800ドルほどで取引されています。そのフワフワな毛からロスベリーの子羊という愛称があり、かつては害獣駆除のために飼育されていました。のちに、ドッグショーの競争犬として人気を得ました。この犬種は愛想がよく、よく人間に慣れているように思われますが、実はベドリントン・テリアを有名にしたのは彼らの水泳能力でもありました。ベドリントン・テリアの飼育員はこの犬種の力を”同じぐらいの体格の犬なら殺してしまうほどの力を持つよ”と説明しました。寿命は平均13年から15年ほどです。

Bedlington Terrier

ベドリントン・テリア

ダブルドゥードル

アメリカ原産。ラブラドゥードルとゴールデンドゥードルのミックスであるダブルドゥードルは1900ドルほどします。ゴールデンレトリーバーとラブラドールレトリバーのいずれかとプードルを組み合われればミックスのダブルドゥードル犬を飼うことができます。人懐っこく、元気いっぱいの賢い性格で柔らかそうな毛が特徴的です。ゴールデンラブラドゥードルや北アメリカレトリバーという名前でも知られています。フワフワの毛にもかかわらず、ほかの犬種に比べて毛が抜け落ちにくいのもこの犬種の特徴です。活発な犬種なのでボールと遊ぶのが大好きです。

Double Doodle

ダブルドゥードル

コーカシアン・オフチャルカ

ジョージア原産。コーカシアン・オフチャルカは平均2000ドルし、もともとソビエト連邦が飼っていた犬です。ソビエト連邦はアゼルバイジャンとジョージアから何匹かのシェパードを連れて帰りこの犬種が生まれました。別名コーカシアン・シェパード・ドッグ、コーカシアン・マウンテン・ドッグ、またはナガジです。古代からコーカサスの山で家畜を野生の動物から守るために育てられていました。体格が大きく、成長したオスの体重は100㎏近くになり、メスでも80㎏を超します。

Caucasian Ovtcharka

コーカシアン・オフチャルカ

ブービエ・デ・フランダース

ベルギー北部原産。2000ドルほどします。荷車を引いたり、牛の管理をしたり、羊を放牧したときなどを含む農作業に重宝されていました。現在では警察犬や番犬として、ヨーロッパ各国の警察で活躍をしている一方、アメリカ警察はブービエ・デ・フランダースではなくジャーマンシェパードやベルジアン・マリノアを警察犬として育てています。ブービエ・デ・フランダースは人に懐きづらい犬種ですが攻撃的ではなく、飼い主に忠実で穏やかな気性で知られています。

Bouvier Des Flandres

ブービエ・デ・フランダース

ニューファンドランド

現在カナダにあるニューファンドランド自治領原産。ニューファンドランドはカナダ連邦が結成されるよりも前からその地域で生息していました。2000ドルほどです。大きい体格、長い毛とがっしりとした骨格で有名です。オスのニューファンドランドが成長すれば体重70㎏にもなり、メスは55㎏ほどになります。寿命は10年ほどで、体格の大きさにかかわらず、訓練しやすい穏やかな性格で知られています。

Newfoundland

ニューファンドランド

ゴールデンレトリーバー

スコットランド原産。平均2000ドルほどです。数ある犬種の中でもっとも人懐っこい犬種の一つと言えるゴールデンレトリーバーはかつて猟犬として人間と生活を共にしていました。彼らは捕獲した水鳥を傷つけずに回収することにたけていました。また、彼らの柔らかい口を使えば卵を割らずに運ぶこともできました。優しく忠誠心のある性格で金やクリーム色の特徴的な毛並みが有名です。

Golden Retriever

ゴールデンレトリーバー

ローシェン

ドイツとフランス原産のローシェンは5000ドルほどします。その見た目から小さなライオンとも呼ばれ、1422年にさかのぼる愛玩犬として愛されてきた歴史があります。数々の絵画やタペストリーを見れば、富裕層の家庭や王室で愛玩犬として人間と生活をしてきたことがよくわかります。もしあなたがこの犬を飼ったら膝の上で優雅に一日を過ごすことでしょう。

Löwchen

ローシェン

ロットワイラー

ドイツ原産。平均2000ドルほど。周りに対しての警戒心が強く果敢な性格。軍隊や警察犬としてその能力を発揮しています。人とのトラブルも聞くことはありますが、一度仲良くなればよいパートナーになることが可能でしょう。おとなしい性格のロットワイラーも中にはいますが、ロットワイラーの多くはいたずら好きな性格で知られています。オスのロットワイラーを家族に迎えるとその家族の人間だけでなくほかの犬も一緒に守ってくれます。

Rottweiler

ロットワイラー

ブルドッグ

イギリス原産。平均2000ドルするブルドッグは筋肉質な体とでたくましさで有名です。つぶれた鼻とシワで愛嬌を振りまいています。イングリッシュ・ブルドッグは成長すると体重22㎏にもなり、人間との関係は1600年代から続いています。1700年代では絵画に描かれるようになり、その最たる例はフィリップ・レイナグが描いた絵画にあります。もともとブルドッグが飼われ始めた理由は闘牛の試合中に雄牛に餌をやるためでした。

Bulldog

ブルドッグ

サルーキ

エジプト原産。2500ドルほどします。サルーキは今回の高価な犬種リストの中で最も古い歴史を持ち、彼らの直接の先祖はサイトハウドという犬で、名前からわかる通り彼らは視覚を使って猟をしていました。紀元前から彼らの歴史は続いていて、遊牧部族たちと豊かな土地で生活していた記録が残っています。時速69㎞で走れる強い脚力から優れた猟犬として重宝されてきました。

Saluki

サルーキ

ペルービアン・ヘアレス・ドッグ

ペルー原産。3000ドルほどします。この犬種を見分けるのは毛のない体を見れば簡単ですが、かつては頭頂部に毛がありました。小さい体躯のペルービアン・ヘアレス・ドッグは人間との生活を何世紀にもわたって続けてきました。その歴史はインカ時代以前から始まり、インカ王朝の時代に人々からの人気は徐々に高まりました。アンデスの陶器やモチェ文化の船舶にもペルービアン・ヘアレス・ドッグは登場し、そのことからも彼らがよき人間の仲間であったことがわかります。また当時は、彼らには人間の関節炎を治す能力があると信じられていたそうです。

Peruvian Hairless

ペルービアン・ヘアレス・ドッグ

秋田犬

主に日本北部の山間で飼育されていた秋田犬。4500ドルほどします。実は秋田県には二種類あり、日本秋田犬とアメリカ秋田犬がいます。秋田県は大きな体で知られていて、成長したオスは体重58㎏にもなります。かつては皇族や貴族を守る番犬として人間の生活に溶け込み、山間部では熊、イノシシや巨大なシカを狩る猟犬としても活躍しました。

Akita

秋田犬

ファラオ・ハウンド

マルタ原産。6500ドルほどします。赤面犬という愛称は彼らの特徴的な赤い毛から名づけられました。ファラオ・ハウンドという名前が広まる前、ウサギの犬という意味のケルブ・タル・フェネックという伝統的な名前で知られていて、彼らの先祖はエジプトでファラオとガゼルを狩猟していました。彼らの長い歴史はエジプトにありますが、どういうわけかマルタへと彼らの生息地は移動し、マルタ国の国犬となりました。5000年の長い歴史の中でも、彼らの高い知能と訓練のしやすさで知られていて、11年から14年生きることができます。

Pharaoh Hound

ファラオ・ハウンド

ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ

ポルトガルのアルガヴェ地方原産。平均3000ドルするポーチュギーズ・ウォーター・ドッグは、2008年から2016年の8年間ホワイトハウスで飼われていました。彼ら15年ほどの人生の間、成長すると27㎏ほどの体重になります。その毛はアレルギーをおこしにくく、穏やかな賢い性格で有名です。しかし、訓練を怠ると衝動的行動が目立ち飼い主の言うことを聞くことが難しくなってしまうので子犬のうちからの訓練が必要です。

Portuguese Water Dog

ポーチュギーズ・ウォーター・ドッグ

ドゴ・アルヘンティーノ

アルゼンチン原産。平均5000ドルします。白い体毛と大きな筋肉質の体躯で有名です。アントニオ・ノレス・マルティネスという人が猟をする間勇敢な犬をパートナーに欲し、この犬種を育て始めました。彼らの獲物は野生のイノシシなどで、成長したオスの体重は45㎏にも達します。彼らの危険性のおかげでイギリス全土、あアメリカのオーロラ、コロラド、ニューヨークなどの都市で飼育を禁止されています。

Dogo Argentino

ドゴ・アルヘンティーノ

チベタン・マスティフ

チベタン・マスティフの長い歴史は紀元前にもさかのぼり、中国、インド、モンゴル、ネパール、そしてチベットの土地で人間と生活をしてきました。その珍しさから彼らは平均7000ドルほどし、世界で最も高値で取引される犬種のひとつです。家畜の天敵である熊、ヒョウ、イタチ、トラやオオカミなどに対抗するために彼らの飼育が始まりました。チベタン・マスティフの特徴は大きな体と柔らかそうなフワフワの毛並みです。ライオンのような見た目になる大人のチベタン・マスティフの体重は72㎏にもなります。彼らは家畜を守るために飼育されてきたこともあり保護的で意志がしっかりあることも有名です。

Tibetan Mastiff

チベタン・マスティフ

サモエド

シベリアとロシア原産。サモエドはかつてトナカイとともにその地域の遊牧民と生活を共にしていました。8000ドルほどします。彼らの特徴的なフワフワの毛並みは白やクリーム色で、ライカという厚く白い毛皮の口先がとがった犬を祖先に持ちます。もともと彼らと生活を一緒にしていたサモエド人から名前が付けられました。群れで生活をするサモエドの性格は頑固で社交性があります。13年ほどの寿命です。

Samoyed

サモエド

フレンチブルドッグ

フランス、イギリス原産。平均2300ドルします。フレンチブルドッグとイングリッシュ・ブルドックを区別するのは彼らのピンと立ったコウモリのような耳と体の大きさを見れば一目瞭然です。19世紀のイギリスでトイブルドッグと地元パリのラッターの間で交配され誕生しました。家族に対しての愛情が深く運動能力の高さが特徴です。消化器官系の健康問題により番犬としての活躍は望めなさそうです。運動神経はいいですがほかの犬種に比べるとあまり運動は必要ありません。

French Bulldog

フレンチブルドッグ

ベルジェ・ピカード

フランス原産。ピカルディ・シェパードとも呼ばれるのベルジェ・ピカードは2500ドルほどします。彼らの身体的特徴は12㎝もある大きな耳です。家畜の群れの管理をするために飼われていましたが、第二次世界大戦後、その多くがなくなり絶滅の危機に瀕しました。その悲劇の中何匹かが生き残ったのは大変な奇跡であったため、現在では高値で取引されています。飼い主への忠誠心の高さと攻撃的な性格で有名で、成長すると体重が31㎏なります。

Berger Picard

ベルジェ・ピカード

ペロ・デ・プレサ・カナリオ

ペロ・デ・プレサ・カナリオはカナリア・マスティフとも呼ばれ、名前からわかる通りカナリア諸島で誕生しました。3000ドルほどします。かつてペロ・デ・プレサ・カナリオはその地域で家畜の管理のために飼われていました。この犬種はモロッサーの品種に匹敵するユニークさがあります。この攻撃性で狩猟犬や闘犬としても有名になりました。その攻撃性を抑えるためには若いうちからの訓練が必須です。成長したペロ・デ・プレサ・カナリオの体重は59㎏にもなり、寿命は9年から11年です。

Perro De Presa Canario

ペロ・デ・プレサ・カナリオ

ナポリタン・マスティフ

ローマ原産。マスティーノという別名があるナポリタン・マスティフは5000ドルほどします。成長したオスのナポリタン・マスティフの体重は68㎏m、身長は76㎝にも達します。家族や所有物を守り黒、黄褐色、青、プリンドル、マホガニーなど多岐に及ぶ毛色で知られています。訓練することも可能ですが、彼らの性格は退屈すると周りのものを壊してしまうことがあります。寿命は10年ほどです。

Neapolitan Mastiff

ナポリタン・マスティフ

広告