ビーチで遊んでいる子供たちを父親が写真を撮影します。ー写真を見た瞬間父親はショックを受けました。なぜ?(最後の写真をご覧ください)

出版元 04/26/2021
広告

危機が接近

フロリダ州に住む写真家、ダン・ワトソンが、6月22日にニュー・スマーナ・ビーチに遊びに行った時にドローンを持って行き撮影をしていました。彼は妻と3人の子供達が海で遊ぶ様子の写真を撮りました。ドローンなので上空からも撮影することが可能なのでドローンを飛ばした彼は、海の中にあるものを発見しました。アップにしたところ、その正体はすぐに明確になりました。彼は急ぎ慌て海に走っていき、海から出るよう子供たちに呼び掛けました!一体何が起こったのでしょうか?次のページをご覧ください。

1

危機が接近

驚愕

フロリダ州に住む35歳のドローン写真家のダン・ワトソンは、このような状況をドローンで撮影するとは夢に思ってもいませんでした。経験豊富な彼はドローンパイロットとしてベテランです。下の一枚を含めたくさんの写真を撮影してきました。経験は豊富です。しかし彼がニュー・スマーナ・ビーチで6月22日に撮影した写真には信じがたいものが写り込んでいたのです・・・

2

驚愕

高性能ドローン

この驚愕の写真を撮った時に使ったドローンはMAVIC 2 PROという型のものでした。最大18キロ離れたところまで飛んで行き、撮影することが出来る高性能ドローンなのです。主に芸術的な写真を撮ることに闌けていて利用されているのですが、今回ワトソンが撮った驚愕の写真は芸術的なものとはほど遠いものだったのです。後ほどその写真を見てみましょう!

3

高性能ドローン

理想的なビーチ

写真家ワトソンと妻は、まだ幼い子供たちをアメリカ、フロリダ州のニュー・スマーナ・ビーチに連れて行ったのです。ヤシの木が茂っていて、手付かずの白い砂浜に澄んだ青い空が人気で特徴のこの場所は、魅力的です。さわやかなライフスタイルにカッコいいサーファーがいる素敵なリゾートなのです。イルカと一緒に泳ぐこともできる素敵なビーチなのです。しかしこのビーチには恐ろしい過去があったのです・・・

4

理想的なビーチ

サメの出現

そうこのビーチにはサメが出没することでも知られているのです!フロリダはサメに襲われる事故が最も多い州なのです。今年だけでも世界中で64件起きていたのですが、そのうちの21件がフロリダで起きた事故だったのです。その21件のうち、このニュー・スマーナ・ビーチでは発生したのは9件です。少し前にもこの恐ろしいビーチでひどい事件が起きたばかりだったのです・・・

5

サメの出現

少年の事件

ある11歳の少年が足をサメに噛まれてしまったという事件があったのです。ライフガードによると、レークウェールズ出身の少年は、サメに噛まれたときの状況は腰まで水に浸かっていたらしいのです。その事件以来サメは発見されていないと当局は話していました。不幸中の幸いで、レークウェールズ出身の少年の怪我はそれほどひどくありませんでした。が、しかしその後、状況は悪化してしまいました・・・

6

少年の事件

1日3件の事故

この有名なニュー・スマーナ・ビーチでは、24時間の内に、サメに襲われるという事件が3回も過去に発生していたのです。23歳の女性は左手と手首を噛まれ、傷を縫うほどのケガをして、その後しばらくして21歳の男性が右足を噛まれたのでした。ビーチが閉鎖された翌日に、50歳の男性が右足を噛まれてしまいました。これらの怪我は全て、命を脅かすものではありませんでしたが、ダン・ワトソンが6月22日に撮影した写真は、このような事件では済まないような、恐ろしいものだったのです・・・

7

1日3件の事故

撮影開始

ダン・ワトソンの子供たちが海で遊んでいる間、父ダン・ワトソンはバッグからドローンを取り出して素敵な写真を撮り始めていました。5歳と9歳の子供たちは泳ぎが達者ではなかったため、砂浜の近くで遊んでいたのでした。ダンはドローンを子供達の近くに飛ばし撮影を始めたのですが、あるものを発見し、ダン・ワトソンの人生は大きく変わっていったのでした・・・

8

撮影開始

動く影の正体は!

ドローンを操縦し撮影していたダンは、操縦機に映る、映像を見つめました。子供達の近くに何やら動く影のようなものが見えました。しかしダン・ワトソンはそれが何なのかはっきり見ることはできませんでした。そこで、ドローンを影の方へ飛ばすことにしましたす。すると、それが何なのかすぐ明らかになったのです!

9

動く影の正体は!

影の正体

そう!サメだったのです!父親のダン・ワトソンは死ぬほど驚き恐怖に震えました。ドローンの操縦機を投げ捨て、子供たちに駆け寄り叫びました。彼らを助ける時間はあるのか?妻のサリーも同時に走り出しました。子供達のところに走り間に合ったかと思った時に、奇妙なことが起こったのです・・・

10

影の正体

救出成功!しかし・・・

パニック状態の中ででも、ドローンは上空を飛行し撮影し続けていましたが、ダンは子供たちのことしか考えておらず、ドローンのことは忘れていました。子供達のところに走ったダン・ワトソンは子供達をしっかり掴み、海から離れるように言いました。写真を見ると、子供達がかろうじてサメから逃れられたことがはっきりします。しかしドローンが撮影し続けていたのはその過程だけではありませんでした!

11

救出成功!しかし・・・

もう一枚の写真

彼らがサメから逃げている間、ドローンはもう1枚の写真でとらえていたのです!「2枚目の写真では私たちが一目散に走っているのが見えますね。」とワトソンは言いました。「走ったので砂で海水が濁ってしまい、サメは諦めどこかえ行ってしまったようです。反対方向に泳ぎ始めたのが見えますね。」ドローンが撮影したもう一つの恐るべき写真は次のページです!

12

もう一枚の写真

ホオジロザメ

この2枚目の写真もドローンが南カリフォルニアの沖合で撮影したもので、マーク・ロマノフとフォレスト・ガラントが人間とサメの関係に関する、ドキュメンタリー映画の一環として撮影したものです。ジェシカとケリーという2人の女性がパドルボードでハイタッチをして楽しそうにしていますが、海の中にはホオジロザメが泳いでいるのが見えます!

13

ホオジロザメ

サーフィンを楽しんでいる時に・・・

シュモクザメは独特の形をした肉食性のサメの種類で、頭の形が金づちに似ているのが特徴のサメです。この種類のサメは、最大100匹の群れで行動すると言われています。サメの中でも興味深いサメなので、ドローンが撮影したこの写真はかなり恐ろしい写真だと思いませんか?肉食のサメですよ!

14

サーフィンを楽しんでいる時に・・・

今日の捕獲は

ドローンがタイミング良く撮影したこの1枚の写真は、フロリダ州パナマシティー・ビーチで漁師が誤ってシュモクザメを捕まえたてしまったときに撮影されたものです。上空からの映像では、サメを捕獲しようと漁師が悪戦苦闘している様子が移っています。最終的には漁師が勝ち捕獲されたのですが、その後サメは解放されたのです。

15

今日の捕獲は

弱肉強食

この写真に写っているサメたちは魚の群れに囲まれているのですが、サメのお腹が減っているとえさとなってしまうので、魚たちは一定の距離を保っているのが見えます。その中でも何匹かの魚はは、近づきすぎてサメの餌になってしまったと考えられます。写真としてはかなり貴重な迫力のある写真ですね。

16

弱肉強食

チームワーク

死んでしまったクジラをドローンで上空から撮影した写真をよく見てみると、驚くべきことが分かったのです。海に浮かんだ巨大なレストランとでも言いましょうか・・・。サメとワニがクジラを餌に一緒に食事を楽しんでいるではありませんか!かなり珍しい光景ですよね。普段であればありえない光景です。

17

チームワーク

サメとその昼食

このドローンはタイミングよく貴重な現場の上空を飛行していたようです。サメが食事をしようとしているところを撮影できるのはかなり貴重でラッキーなことでした。サメが何を食べていたのかは分からないままですが、かなり大きなものだったのは間違いありません。

18

サメとその昼食

ランチタイム

この豚は、水を飲もうとしていたところをたイミング悪く、ワニに襲われてしまったようです。自然界がいかに厳しいか思い知らせる一枚だと思いませんか。

19

ランチタイム

危険と隣り合わせ

クジラは人間を食べることはないと言われています。しかし、この巨大なクジラが間違ってダイバーを押しつぶしてしまっても気付かないでしょう。右側に小さく写っているこのダイバーは、近くに世界最大の哺乳類がいることを分かってダイビングを楽しんでいたのでしょうか・・・?

20

危険と隣り合わせ

見下ろさないで

高所恐怖症の人にはあまり見たくない写真かもしれません。写真だけではなく現地に行くなんてもってのほかのことでしょうね。中国の湖南省に位置する天門山は、高さ約1,500メートルあり、その頂上に寺院があるのです。しかし、寺院に行く方法はどうでしょうか?この写真の崖のルートだけではなく、同じくらいスリル満点のケーブルカーもあるんです。あなたならどちらを選びますか?

21

見下ろさないで

海の愛人

アトランティスのサメガールを写したこの貴重な写真を収めたのもドローンによるものでした。彼女は太陽の下でリラックスして一日を楽しんでいるようです。しかし、彼女がドローンを見つけたら飛んでいかないようにすると思いますよ。

22

海の愛人

命知らず

この人すごい人をご覧ください。転落してしまう可能性がある事をのを知らないのでしょうか?恐怖感を持っていないのでしょうか?もちろん彼はロープに繋がれていますが、ロープを繋げて崖を登るより、安全な地面にとどまった方が良いかもしれません!

23

命知らず

謎が解けた

こちらは湖の上空からの撮影した写真ですが、どうやらこの湖に車が沈んでいるようです。実はこの写真には不快な裏話があるのです。1997年に行方不明になった40歳のフロリダ州の男性の自動車だったというのです。

24

謎が解けた

後ろに走ったら大変

上空300メートルのコートでテニスをしたいですか?楽しむことが出来るのでしょうか?ボールがコートから落ちてしまったら試合を中断しなければならないので、上手い人しか参加できなさそうですよ。実はこのコートはドバイのブルジュ・アル・アラブの上にあるヘリポートに出現したテニスコートなのです。

25

後ろに走ったら大変

ガリバーの冒険

スコットランドのエジンバラの畑上空で撮影されたこの一枚の写真は少し不気味だと思いませんか?。この像はガリバー・ザ・ジェントル・ジャイアントと呼ばれているのですが、殺人で有罪判決を受けた元ギャングのジミー・ボイルがグラスゴーのバーリニー刑務所にいる間に作られたものなのです。

26

ガリバーの冒険

想像を絶する帰省ラッシュ

中国の人口は14億人以上で世界で最も人口が多いことは誰もが知っていますが、当然のごとく交通渋滞が、世界最悪なのは想像できますね。ドローンが取った下の写真は50車線もある北京・香港・マカオをつなぐ高速道路の香港側で撮影されたものです。50車線ですよ!

27

想像を絶する帰省ラッシュ

並ぶ必要はないけど

チェルノブイリ原子力発電所での壊滅的な爆発は皆さんもご存じだと思いますが事件の後、1986年にウクライナのプリピャチの住人は町を避難しなければなりませんでした。のちほど荷物を取りに行くため、軽い荷造りをして避難するよう指示された住人たちだったのですが、実際には一度も故郷に帰ることはできなかったのです。彼らは二度と街に戻ることができず、それ以来この町は誰も居住、侵入が許されていません。残っているのは無人化してしまったゴーストタウンです。ドローンが撮ったこの写真を見れば分かる通り、恐ろしい場所になってしまいました。死んでしまったこの町を訪れることはできますが、長時間いることは許されません。

28

並ぶ必要はないけど

私の力を見よ

教会の上に半神が立っているのが分かりますか。罪人であふれた街を破壊した彼は、その成果を満足気に眺めているかのように見えます。全体の状況を把握するために、高い教会の塔の上に立って全貌を眺めているのです。少なくとも、この写真ではそのような状況に見えませんか?実は、これはスペインの霧深い町の教会の上にあるイエスの像なのです。サグラット・コール寺院はバルセロナにある美しい像で、一生に一度は見てみたいという素敵な観光スポットなのです。

29

私の力を見よ

地球とは思えない光景

地上に降りたばかりの宇宙人がマグマを見つめているように見えます。彼は何をするつもりなのでしょうか?熱さは感じられないのでしょうか?危険はないのでしょうか?いいえ、実はこれは、人間の科学者です。活火山を研究するに当たり、この研究者は、極度の熱さから身を守るための、銀色の防護服を着て研究をしているのです。

30

地球とは思えない光景

なんだこりゃ?

この写真は何?これは巨大な子供?それとも男性が小さい?何かがおかしく、とにかく不気味な写真です!子供がいきなり息をしたら男性は吹き飛ばされてしまいそうな写真です。彼はなぜこの状況でどうしてこんなにリラックスしているのでしょうか?この男性の名前はSaypeで、生分解性の絵の具で、この巨大なフレスコ画を描いた画家だったのです。この作品には女の子が湖に船を流そうとしている様子が描かれているのです。

31

なんだこりゃ?

 

広告