以前流行したヘアスタイルだったとは信じられない髪型特集

出版元 08/18/2020
広告

人は常に髪形を変える物です。どの社会にも髪形の流行という物があり。その流行に沿って髪形を変えるのも悪くはありません。その時代ではやった流行がとても変なスタイルであっても、時代が変わればその流行は変わるものです。常に移り変わる流行を踏まえて、自分に似合ったヘアスタイルをよく理解して選びたいものです。この記事ではかつて流行った流行の髪形を紹介します。

パーマ

以前流行ったパーマは今もあるのでしょうか?90年代には世界中でパーマが流行っていました。でも今現代で昔流行ったパーマをする人はあまりいないでしょう。そして当時のパーマ薬剤もあまり進化してるものではなかったので、髪へのダメージは相当の物だったに違いありません。よく考えてみると、自分の髪をプードルの毛のようにしてしまっていたのかもしれませんね。

Perms

パーマ

レイチェル

テレビ番組で有名だったフレンズを見たことがありますか?もし見たことがあるならば、このヘアスタイルはご存じかもしれません。こういうスタイルは実は90年代の流行ヘアのアイコンのようなものでした。しかしこのカットはしたい人全員に似合うスタイルではありませんでした。今の時代でさえも、フレンズのレイチェルのカットをしたいという人がいます。しかし大抵の場合、成功していません。このスタイルは90年代だったからこそ流行ったのかもしれません。

“The Rachel”

レイチェル

ヘアアイロン

ヘアアイロンは若者限定で成人した私たちには向かないかもしれませんね。あの頃は流行りましたが、冷静に考えてみると今の時代、誰がこのようなヘアアイロンを当てるでしょうか?そしてどのような人がこのヘアスタイルが似合うでしょうか?考えようによっては、こういうヘアアイロンを当てるのは勇気がいることですね。ルックスもしかりですが、髪へのダメージも相当です。普通のパーマより髪の毛を傷めます。

Crimped Hair

ヘアアイロン

耳にかけたボブ

ボブヘアスタイルは今も健在です。いつの時代も、芸能人でさえもボブスタイルの髪形をしている人も多いと思われます。しかしこのように髪の毛を耳にオールバックにかけるスタイルのボブカットは今の時代流行っていません。ボブヘアスタイルにも色々ありますが、全てのボブがよく見えてみんなに似合うとも限りません。耳に髪をかけるためには何かしらのワックスを髪に使わなければいけないので、髪がギトギト油っぽく見えて不潔です。

Slicked Back Bobs

耳にかけたボブ

根元が暗い髪

以前は根本だけが暗い色の髪が流行ったことがありました。シャキラが以前こういう髪形をしていました。そして彼女を真似する人が多かった時期もありました。しかし、今はこういうヘアは流行らないし流行らすべきでもありません。ヘアカラーをしたとしても、根本だけが地毛のままのスタイルはどう考えても美しい物ではありません。暇がなくて根本染を怠っているようにも見えます。

Dark Roots

根元が暗い髪

あいまいなウエーブ

毛量が多く見えるような髪形はたくさんのヘアスタイルが出来るのでプラスな事もあります。しかし毛量を多く見せるだけのあいまいなウエーブは髪の毛が単に広がっているだけみたいであまり美しいスタイルではありません。しかもバサバサした感じで髪の毛が更に傷んでいるように見えます。取れかけたパーマスタイルもそうですが、緩いウエーブをかけるにせよメンテナンスは必要ですね。

Frizzy Waves

あいまいなウエーブ

現代風ハーフアップスタイル

こういうハーフアップがとても流行っていた時代がありました。ブリジッド・バルドーもよくこの髪型をしていました。しかしもうこれは古いスタイルです。もしこういうヘアスタイルをしたければ、ヘアスタイリストにセットしてもらうべきです。自分で逆毛を立ててこういうヘアスタイルをするのは思ったよりも大変ですし、もう流行っていない今こういうヘアスタイルをするにはかなりのセンスが必要です。

Modern Bouffants

現代風ハーフアップスタイル

大きいお団子ヘア

お団子ヘアはほとんどの女子がしたことがあるスタイルかもしれません。髪を縛ってお団子を作ってまとめ髪にします。自分でも簡単にでき、暑い時期などは本当に便利です。このようにお団子を大きくするシニヨン型のヘアスタイルが一時期流行りましたが、今はもう流行っていません。このヘアを成功させるためにシニヨンの中につけ毛を入れている人もいました。

Voluminous Buns

大きいお団子ヘア

超ロングヘア

ロングヘアを美しく見せようと思えば、かなりの手間と努力が必要です。傷んだまま伸ばしているのでは、不潔に見えます。このような超ロングヘアが流行った時期もありました。夏の間は乾かすのも面倒ですし何よりも暑いため大変かもしれません。ロングヘアは乾かせば何とかなるので、簡単ですがいつも同じヘアスタイルになってしまうので、退屈と言えば退屈です。これだけ長いとこの半分の長さでもいいかもしれませんね。

Super Long Locks

超ロングヘア

お団子トップ

ある時ジェニファー・ロペスがこういう髪形をしていました。しかしそれはその時だけで今している人はほとんどいません。もう流行らないにしてもこの髪型で一ついいことがあります。それは実際よりも背が高く見えることです。本当にそうかなと思いますが、ほとんど人が背が高く見えると認識しています。トップにまとめ髪があるので考えてみると当然ですね。

Top Knots

お団子トップ

ハイポニーテール

このヘアスタイルも女子に大人気です。とても簡単ですっきりしていて恰好よく見えます。しかし今はあまり流行っていません。ポニーテールしている時は大抵面倒くさい時か、髪を洗っていない時ではないでしょうか?似合っていても似合っていなくても、便利な髪型だという事は確かですね。しかも全部を縛っているので、傷んでいる髪も隠れてしまうところも利点です。

High Ponytails

ハイポニーテール

しっかり三つ編み

全ての髪形が髪にいいとは限りません。その例の一つに、地肌にしっかり密着した三つ編みヘアスタイルがあります。このきつい三つ編みがどれだけ髪を傷めているか皆さんはご存じでしょうか?三つ編みをきつくすればするほど、髪のキューティクルを壊し、髪を薄くします。そしてきつく縛るのもよくありません。三つ編みを使ったヘアスタイルはたくさんあります。三つ編みをルースにするヘアスタイルもたくさんあります。

Tight Braids

しっかり三つ編み

ずっとポニーテール

ポニーテールは簡単にできる女子の味方のヘアスタイルです。結ぶだけで決まって見えるこの髪型に何が悪いのかと思う人もいるかもしれません。時間もかからず髪を縛るだけで外へ出かけることが出来るヘアスタイルはとても便利ではありませんか?しかし、万年ポニーテールをしていると髪をかなり傷つけることになります。同じ場所で髪をきつくくくることで地肌から髪を引っ張ることになります。楽でいいのですが、気を付けましょう。

Repetitive Ponytails

ずっとポニーテール

蛍光色に染めた髪

鮮やかな蛍光色に染めた髪が一時期流行りました。染めた直後は自分の好きな色に髪が染まって満足なのですが、髪には計り知れないダメージをきたしています。そして時間がたつにつれて、発色が悪くなっていきます。奇抜な色に染めれば染めるほどこの悩みはつきません。髪を染める時はナチュラルカラーが一番ですね。

Neon Streaks

蛍光色に染めた髪

ハーフアップ、ハーフダウン

髪を下ろしたい気分の時もあれば、上げたいときもあります。ハーフアップ、ハーフアップはその中間で、そういう気分の時は便利ですが、実は流行遅れです。こういうスタイルをしている人もたくさんいますが、実は古臭かったりもします。どちらにせよ、髪を結うことは髪を引っ張ることと同じなので、気を付けましょう。

Half Up, Half Down

ハーフアップ、ハーフダウン

ピンクの髪

髪をピンクに染めるのが好きな人がいます。誰にでも似合う色ではありませんが、自分の髪をすごいピンクに染めてSNSに写真をアップしている人を見たことはありませんか?こういうロックンロールの色が似あう人も少ないですね。もし自分が似合うかどうか分からないならば、挑戦しない方がいいかもしれません。

Pink Copper Hues

ピンクの髪

長さが不平等なカット

去年まではこういう髪形もありだったかもしれません。長さが不平等な髪型は今では流行外れです。こういう髪形は切りたいとき、ヘアカットで冒険したいその瞬間はいいのですが、切ってからスタイルが綺麗に保てず公開する場合がほとんどなので、気を付ける必要があります。あまり奇抜なヘアスタイルは避けた方が無難ですね。

Asymmetrical Haircuts

長さが不平等なカット

超短い前髪

一時、超短い前髪が流行ったことがあります。皆さんは覚えていますか?よく芸能人が何センチかの短さの前髪でスクリーンに登場して、可愛いと思い同じような前髪に切ってしまうというパターンでしたね。これほど前髪が短いヘアスタイルが似合う人はまず少ないです。かなりほりが深い顔立ちでなければ似合いません。そして切ってから全然似合わないし、伸びるまでに時間がかかるし、修正はきかないので前髪を切るときは気を付けましょう。

Micro Bangs

超短い前髪

全剃り

流行りの雑誌に出てくるモデルなどが頭を丸めた全剃りのスタイルをしているのをかっこいいと思ったことはありませんか?お坊さんのように全ての髪を剃ったヘアスタイルは暑い真夏にはとても良いかもしれませんが、似合う人は極力少ないです。しかも手間が全然かからず起きたそのまま外に出ることが出来るのはかなり魅力ですが、このスタイルをする前に是非よく考えてください。

Buzz Cuts

全剃り

目に入りそうな前髪スタイル

女性と言うのは男性を目だけで誘惑することが出来ます。そしてこのヘアスタイルは目ギリギリの長さで魅力的な目を隠すような感じになっているので、あまりお勧めできません。一時流行っていましたが、今では古くて重いヘアスタイルです。眉毛を全部隠して目に入るぐらいの長さの前髪はこのスタイルの人もあまり快適ではないはずです。まるで目の前のカーテンのようです。

Eye Skimming Bangs

目に入りそうな前髪スタイル

濡れた髪

去年キム・カーダシアンが濡れた髪のままメディアに登場したことから、濡れ髪スタイルは一時流行のヘアスタイルになりました。芸能人でこのスタイルで登場している人は実は少ないわけではありません。しかしそれは撮影や映画の設定のシーンであり、普段から濡れた髪でいる訳ではありません。従って濡れ髪を普段のヘアスタイルに起用することは極めて難しいし、あまり清潔に見える物でもありません。

Wet Hair

Wet Hair

虹色の髪

ハリウッドの芸能人が虹色に髪を染めているのを見たことがある人も多いかもしれません。その時の気分によって、激しいカラーにした芸能人もたくさんいます。ある時はとても似合っていて、鮮やかで羨ましいと思い自分もその芸能人と同じようになりたいと虹色に染める人もいるかもしれません。しかし、こういう色は全ての人に似合うわけではありません。そして全ての髪質が虹色の発色になるとも限りません。

Rainbow Hues

虹色の髪

キラキラ光る髪

ラメがのっている髪が流行るなんて誰が想像したことでしょう?もしアートクラスに参加するならグッドアイデアかもしれませんが、日常生活においては全然フィットしないヘアスタイルです。こういうラメ素材を髪につけることにより、路上の埃を寄せ付けます。かなり不衛生ですし、コンサートなどのショー以外でこんなキラキラした髪の人はいません。

Glittery Hair

キラキラ光る髪

ポンパドゥール

ポンパドゥールは一時は流行った髪型です。前髪に逆毛をたてボリュームを出し、おでこの上でふわっとまとめたスタイルです。そして以前はいかに高く大きく立てるスタイルが流行っていました。しかしすべての人に似合うスタイルでもないし、前髪を大きく立てれば立てるほど頭が大きく見えます。前髪をまとめておでこを出したいのなら小さくまとめた方が可愛いと思いませんか?

Pompadours

ポンパドゥール

両サイドお団子

両サイドで耳の下でお団子をしたスタイルは英語でスペースバンズと呼ばれています。クロエ・カーダシアンがこのヘアスタイルでメディアに出てきて、一時噂になっていました。あまり流行ったヘアスタイルではありませんが、マニアの中では大ヒットになり、コスプレなどでこういうヘアスタイルをしていた若い女子もいたかもしれません。しかしこのヘアスタイルは日常的には全然向いていません。しかも似合う人も少ないので考えた方がいいでしょう。

Space Buns

両サイドお団子

広告